Category : あのドラマはどうしたら観られるの?

ゴジラは恐怖の対象だった!

2016年夏に公開され、即大ヒットとなった怪獣映画が「シン・ゴジラ」。ご存知のように、日本が生み出し世界的に大ヒットを記録した「ゴジラ」シリーズの最新作であり、これまでの「ゴジラ」シリーズ続編ではなく初代「ゴジラ」のリメイク、つまり「何も知らない人々の前に大怪獣が現れたら?」というシュチュエーションで作られた、純粋な怪獣映画です。監督は、「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られるアニメ監督の庵野秀明。オタクとしても有名な彼が作った、オタク的な魅力やケレン味を詰め込んだ1作となりました。

初代「ゴジラ」が放映されたのは1954年、特撮を担当したのは、日本特撮の神様と呼ばれた円谷英二、監督は円谷とのコンビで多数の特撮作品、怪獣映画を作ることになる本多猪四郎(いしろう)です。 初代「ゴジラ」が公開された時期は、まだ終戦間もなく敗戦時の記憶も強く残っていた時代。そして放射能への恐怖というテーマを持たせることで、ゴジラを単なる怪獣映画ではなく、日本人だけが描ける社会派映画であり、パニック映画となったのです。

そんな初代へのオマージュで溢れる「シン・ゴジラ」にも、放射能の恐怖というテーマは投影されている、と言われています。これは、作中ではっきりと明言されているワケでも、作品外で監督やスタッフが語ったというワケでもありませんが、「初代と同じテーマがもりこまれている」「初代は原爆への、シン・ゴジラでは福島原発事故への危機感が盛り込まれている」とは作品を見た多くの人が感じるようです。

初代が大ヒットして以降、「ゴジラ」はシリーズ化され、そしてそもそもが子ども向けの特撮映画ということもあり、どんどん内容は子供っぽくなっていきました。最初は脅威として描かれたゴジラですが、次第に日本を守るために他の大怪獣と戦う、正義の味方のようになっていきます。

この作風への反発からか、「ミレニアムシリーズ」と呼ばれる2000年以降の「ゴジラ」シリーズは、再びゴジラを敵として描くようになりました。しかし「怪獣VS怪獣」といった要素は引き継がれ、人類側が怪獣やメカ怪獣を繰り出すなど、やはり子供っぽさを感じる内容になっています。娯楽映画なので間違いではないのでしょうが、初代が持つ恐ろしさ、畏怖の感情はだいぶ薄れてしまっていたのは事実です。

初期の怖いゴジラが見たいという、庵野秀明監督によるオタク特有のこだわりが炸裂した「シン・ゴジラ」は、ひたすら謎の怪獣に蹂躙される東京と、それを阻止しようとする政府、自衛隊の戦いが描かれます。そこには登場人物同士の人間模様や恋愛劇などはなく、「ゴジラVS日本」以外の要素は限りなく削ぎ落とされています。こうした演出に、同じく「怖いゴジラが見たい」と感じていたファンたちは大喝采を送ったのです。

初代をリアルタイムで見ていたという世代は少ないかもしれませんが、ゴジラシリーズとなれば、アラフィフ世代なら何本かは見ているでしょう。そしてそのうちの何人かは、怪獣オタクとして今回の「シン・ゴジラ」に喝采を送っているのではないでしょうか?

Recommend