Category : 懐かしいあの歌をもう一度

テレビが教えてくれた外国の歌

インターネットのYouTubeでなんでも観ることができる時代とは違い、海外の情報を知ることが難しい昭和のころ、洋楽との出会いは音楽番組の中にありました。ロックバンドをはじめたきっかけが、テレビの中での洋楽バンドを観た衝撃だったというプロミュージシャンも多く存在します。それだけ普段は観られない刺激的な音楽を知ることができたんですね。

夜のヒットスタジオで観ることができた洋楽ミュージシャンたち

毎週フジテレビ系で放送されていた音楽番組「夜のヒットスタジオ」には毎週多くの日本人アーティストやアイドル歌手、演歌歌手が一緒に出ていたすごい番組でした。その中で海外からの中継でいろんな洋楽ミュージシャンが登場しました。

日本のアラフィフ・ミュージシャンの中にもこの番組でスティング、ポール・マッカートニー、マドンナ、ホイットニー・ヒューストン、エルトン・ジョン、ジャネット・ジャクソン、ボン・ジョヴィら豪華な海外アーティストが出演するのを、毎週新聞のテレビ欄を見て胸ときめかせて待っていた人もいたのではないでしょうか。

ローカルテレビ局でみることが出来た洋楽

テレビ神奈川などのローカルテレビ局では、音楽リクエスト番組により洋楽を知ることができました。MTVによりミュージックビデオが流行していたこともあり、初めて観るアーティストのビデオが続々と放送される刺激的な番組は10代の心に大いに影響を与えたはずです。

そのほか、深夜番組でひたすら海外アーティストの映像が流れていることもありました。まだまだCDもないレコードの時代、動いているロックバンドを観たときの衝撃は計り知れないものがありました。

YouTubeで世界を知ることができる時代にはうまれない想像力

YouTubeで部屋にいながら世界の音楽を知ることができる現代。自分がどんな音楽が好きなのかわからないほどいろんなアーティストの情報が入ってきてしまうことが幸せなのかどうなのか?少ない情報から想像力を働かせていく楽しさが失われているような気がしますよね。

アラフィフ世代が若者に勝てるのは、子供のころに培った何もないところから物を創る創造力です。それをうまく日常の仕事などに活かして活躍の場をひろげていけたら良いですよね。

Recommend