Category : あの頃ぼくらは若かった。

アイドルの水着水泳大会はなぜ消えた

キャンディーズに花の中3トリオ、ピンクレディーといった初期のアイドルが人気を集めていた1970年代から、各局で続々と放送されていた人気コンテンツが「水泳大会」企画モノです。

人気のアイドルを一同に介し、水泳大会とは名ばかりの"水着姿でのバラエティー"企画が繰り広げられるのがお約束となるこの企画は、どこか放送局一社のものではなく、ほぼすべての局が制作していた夏の風物詩的企画でした。視聴者的にも現役人気アイドルの水着姿を見ることができるため、高視聴率が期待できる企画となっていました。

過激すぎて企画消滅、そしてフジテレビにより復活!

しかし、その人気が仇となり、いつしかファンはカメラを片手に詰めかけるように。アイドルたちの「ポロリ」を収めようとファインダーを覗き続けるという異様な光景が出現します。かつては本当に水着がはだけてしまったアイドルもいて、アイドル本人はもとより芸能事務所的にも避けられる企画になり、1980年代に入ると水泳大会企画はほとんど放送されなくなってしまいました。

そんな中で、80年代末期に水泳大会企画を果敢にも復活させたのが、フジテレビです。恐らくは現在思い浮かべる水泳大会企画は、この時にフジが復活させた「ドキッ!丸ごと水着!女だらけの水泳大会」でしょう。

コンセプトは以前と同じく、現役人気アイドルたちが巨大プールで行う数々のバラエティー企画。水上おしくらまんじゅうや水への落とし合いといった、他愛のない企画にアイドルたちが挑戦する姿に、再びファンは食いつきました。

また、競技の最中にアイドルの歌唱コーナーが挟まれるのもお約束として定着。画面隅に丸いワイプで抜かれて、顔だけ写っている状態でアイドルが歌っている様は、今考えれば少々異様です。しかしそのアイドルの歌声が、競技のBGM的役割を果たしており、一種の盛り上げ役にもなっていました。

伝説の"ポロリ"に大興奮した子ども時代

そしてなんといっても一番の見どころ(?)は、今ではギャグのように使われることもあるフレーズ「ポロリもあるよ!」でしょう。ほぼ毎回、かならず開催される鉄板競技・水上騎馬戦で、アイドルが水着を剥ぎ取られて胸をさらけ出してしまうというものです。とはいえ未成年者も多い人気アイドルの裸を見せるワケにもいかず、実際にはセクシーアイドル、アダルト系のモデルなどが"ポロリ要員"として仕込まれていましたが、そうした裏の仕組みに気づかない子どもの場合はかなり興奮したことでしょう。

復活したフジ系の水泳大会企画も、やはりお色気NGの風潮には勝てず、90年代末ころには放送されなくなってしまいました。仮に今復活したとすれば、AKB系のアイドルや地下アイドルたちという、かつてには存在しなかったアイドルたちがどんな行動を取るのか、想像もつきません。さすがに"ポロリ"をしてくれるアイドルはいないでしょうが、はだけ対策にワンピースしか着なくなった昔のアイドルたちと違って、ド派手なビキニを披露してくれるアイドルなら大勢いそうな気もします。

アイドルの水着姿という健康的なお色気は、AVなどとは違った興奮をアラフォー世代に与えてくれるかもしれません。EDで悩むあなたも、水着姿ではしゃぐ現役アイドルを見れば新たな活力を得られるかも……? とはいえ水泳大会企画が復活するという噂も聞きませんし、悩みはクリニックへ通って治療したほうがいいでしょうけどね!

Recommend